Aimless

PaloAlto on Azure を Active/Passive 構成で導入する

https://blog.aimless.jp/archives/2019/03/deploy-paloalto-on-azure-as-active-passive/ 2019-03-27
はじめに PaloAlto が 9.0 で Azure での Active/Passive 方式の冗長化をサポートしました。実装は仮想マシンのIPアドレスを付け替える方式です。 参考:Set up Active/Passive HA on Azure Active/Passive 方式で冗

Windows Virtual Desktop を作ってみた

https://blog.aimless.jp/archives/2019-03-24-first-impression-of-windows-virtual-desktop/ 2019-03-24
はじめに Windows Virtual Desktop が Public Preview になったので、構成を理解するために作ってみました。個人で Microsoft 365 E3 を契約しているので、ライセンス違反にはならないはず。 構成要

パブリッククラウドと仮想アプライアンス型ファイアウォール

https://blog.aimless.jp/archives/2019-03-21-public-cloud-and-nva/ 2019-03-21
はじめに 過去に社内で複数回「パブリッククラウドと仮想アプライアンス型ファイアウォール」の話をしてきたので、自分の頭の整理もかねて改めてまとめ

Let's Encrypt と Azure DNS を使ってサーバ証明書を作成する

https://blog.aimless.jp/archives/2019-03-10-create-certificate-with-letsencrypt-and-azuredns/ 2019-03-10
はじめに Azure Stack Development Kit を独自ドメインでデプロイするために公的なサーバ証明書が必要だったので、Let’s Encrypt と Azure DNS を使って作りました。Az

Azure Stack 1902 Update

https://blog.aimless.jp/archives/2019-03-07-azurestack-update-1902/ 2019-03-07
はじめに Azure Stack 1902 Update が公開されました。気になった個所をまとめます。 参考:Azure Stack 1902 update 新機能 1902 Update では新機能がリリースされませんでした。そもそも

App Service on Azure Stack( Resource Provider 編)

https://blog.aimless.jp/archives/2019-03-05-install-appservice-resource-provider-to-azurestack/ 2019-03-05
はじめに 本エントリは、App Service on Azure Stack の3本目です。 App Service on Azure Stack(サーバ証明書編) App Service on Azure Stack(ファイルサーバとSQLサーバの用意

Azure Stack Uptime Monitor で Azure Stack の稼働率を計測する

https://blog.aimless.jp/archives/2019-02-24-monitor-availability-of-azurestack-with-azure-stack-uptime-monitor/ 2019-02-24
はじめに Azure CAT の [@_marcvaneijk] (http://twitter.com/_marcvaneijk) がリリースした Azure/azurestack-uptime-monitor を試しました。 Azure Stack Uptime Monitor とは Azure Stack Uptime Monitor とは、Azure Stack の ポータルと API エンドポイント の可用性を計測、可視化する

Create virtual machine on Azure Stack with Ansible

https://blog.aimless.jp/archives/2019-02-24-create-vm-on-azurestack-with-ansible-en/ 2019-02-24
Introduction I tried creating a virtual machine with Ansible to Azure Stack. In conclusion, I was able to create a virtual machine with Ansible 2.4 and service principle. My environment ASDK 1901 @physical container Ubuntu 18.04 Ansible 2.7.7 At first, I used Ansible 2.7.7 which pip installed to my machine. Then, the following error about creating virtual network occurred. "msg": "Error creating or updating virtual network myVnet - Azure Error: NoRegisteredProviderFound\nMessage: No registered resource provider found for location 'local' and API version '2017-11-01' for type 'virtualNetworks'.

Ansible で Azure Stack に Virtual Machine を作る

https://blog.aimless.jp/archives/2019-02-20-create-vm-on-azurestack-with-ansible/ 2019-02-20
はじめに 「Azure と一貫性をのある API を持つ Azure Stack なら、Ansible を使って Virtual Machine を作れるはずだ」ということで、ASDK を利用して実際に試して

Azure CLI で Azure Stack に接続する

https://blog.aimless.jp/archives/2019-02-18-connect-azurestack-with-azurecli/ 2019-02-18
はじめに Ansible で Azure Stack を操作する デモ をやるために、Azure CLI による認証を試したのでメモ。 参考:Use API version profiles with Azure CLI in Azure Stack 環境 ASDK 1901 @物理コンテナ 手順