Aimless

Azure Stack Hub の CSR の作り方が変わった(ReadinessChecker ver.1912)

https://blog.aimless.jp/archives/2020-01-03-change-of-creating-csr-for-azurestack/ 2020-01-03
ReadinessChecker を利用して Azure Stack Hub の CSR を作る方法が変わったのでメモ。 これまで ReadinessChecker を利用して PaaS 用の CSR を作る際には -IncludePaaS というスイッチを利用する必要がありました。 $subjectHash =

2019年の振り返り

https://blog.aimless.jp/archives/2019-12-31-review-of-2019/ 2019-12-31
はじめに 2019年を振り返ります。 サマリ ブログを58本書きました。Azure Stack Hub が38本、Azure が20本でした。 コミュニティのイベントに

ざっくりわかる Azure Stack Hub

https://blog.aimless.jp/archives/azurestackhub-summary/ 2019-12-29
@kongou_ae が作成した Azure Stack Hub 関連情報をまとめたページです。 Azure Stack Hub Advent Calendar Azure Stack Hub に関する情報を全25本のエントリで広くまとめたものです。2019年12月時点

Azure Stack Hub の SNAT (Virtual Machine 編)

https://blog.aimless.jp/archives/2019/10/snat-of-azure-stack-hub/ 2019-12-20
Azure を使う際に知っておくべきことの一つが SNAT です。 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/load-balancer/load-balancer-outbound-connections#defaultsnat https://www.syuheiuda.com/?p=5074 Azure と一貫性のある Azure Stack Hub にも SNAT が実装されています。そのため、Azure Stack Hub の仮想マシンは、P

Azure Stack Hub 1910 Update の変更点(ネットワーク編)

https://blog.aimless.jp/archives/2019/10/change-about-network-in-azurestack-1910-update/ 2019-11-26
はじめに Azure Stack Hub 1910 Update が配信されました。1910 Update ではデプロイ時に指定するネットワークが変わりました。本エントリではその変更点をまとめます。なお

Azure Firewall Manager を使ってデフォルトルートをオンプレミスに広報する

https://blog.aimless.jp/archives/2019/10/advertize-default-route-with-firewall-manager/ 2019-11-21
サマリ Azure Firewall Manager を使ったら、Azure から BGP でデフォルトルートが聞こえてきた。 Virtual Hub 上のルートテーブルに設定されている「Next Hop が Azure Firewall のデフォル

Azure Stack Integrated system のアナウンス@Ignite 2019

https://blog.aimless.jp/archives/2019/11/update-of-azurestackhub-in-ignite2019/ 2019-11-04
Microsoft Ignite 2019 で発表になった Azure Stack Integrated system 関連のアナウンスをまとめました。 ソース Book of News - Ignite 2019 - Microsoft News Azure Stack Hub extends capabilities on the Edge Now is the time to modernize your datacenter and migrate your applications to Microsoft Azure Stack Building high-value integrated data

169.254.169.254 and 168.63.129.16 on Azure Stack

https://blog.aimless.jp/archives/2019/10/169-254-169-254-and-168-63-129-16-on-azurestack/ 2019-10-26
If you configure restricted NSG without “Internet” service tag on Azure Stack, you need to consider 169.254.169.254 and 168.63.129.16. This entry is the summary of my investigation about 169.254.169.254 and 168.63.129.16 on Azure Stack. Environment ASDK 1908 in @syuheiuda ’s physical container Ref:https://thinkit.co.jp/article/13243 169.254.169.254 169.254.169.254 is an instance metadata service. A virtual machine needs to access 169.254.169.254 during the deployment process. If the NSG which is attached to the virtual machine blocks the outbound traffic to 169.

Azure Cloud Shell で Ansible の devel ブランチを利用する

https://blog.aimless.jp/archives/2019/10/using-ansible-devel-in-cloudshell/ 2019-10-17
新しめの Azure サービスを Ansible で操作しようとすると、対応する Ansible のモジュールが devel ブランチのみに存在することがあります。Root 権限を持っている環境であ

Lighthouse を利用して Shared Image Gallary を他のテナントに公開する

https://blog.aimless.jp/archives/2019/10/share-sig-to-other-tenant-with-lighthouse/ 2019-10-06
サマリ Lighthouse を使えば、Shared Image Gallary を簡単に異なるテナントに共有できる 2019年10月現在、Ansible で Shared Image Gallary を利用して VM を作る場合は devel ブ