azurestack

Azure Stack Hub 2008 update がリリースされました。まだ触れていないのでドキュメントを前提として情報をまとめます。 Azure Stack Hub release notes VNet peering Azure Stack Hub にも VNet peering が実装されました。
Ignite 2020 で発表になった Azure Stack Hub 関連のアナウンスをまとめます。なお、Ignite 2020 における Azure Stack Hub のアナウンスは控えめでした。おそらく、Build 2020 で
Introduction We can check the recent status of Azure Stack Hub update at the “Update” view. And we can download the detailed progress as a super big JSON file. We can check this JSON file by using VScode because VScode can convert the JSON file more easily-to-read with “Format Document”. But I believe this operation is not efficient because human is not good at reading a JSON file. Based on my guess, this entry explains how to check the detailed progress of Azure Stack Hub Update more efficiently.
はじめに Azure Stack Hub 2005 Update が配信されました。前回の2002 Update の配信が2020年3月でしたので、5か月ぶりのアップデートになります。原則として Azure Stack Hub の
イベントの発表をまとめておくと未来の自分が助かることが分かってきたので、Microsoft Build 2020 で発表された Azure Stack Hub の情報をまとめます。 サマリは
Event Hub on Azure Stack Hub が Public Preview になりました。 The preview version of Event Hubs on Azure Stack Hub is now available 2018年9月の Ignite 2018 でアナウンスされてから約1年半越しでのリリースです。Event
Azure Stack Hub 2002 Update がリリースされました。本エントリでは、2002 Update の気になった点をまとめます。ただし、2002 Update の環境を触れていないので、本エントリ
App Service Resource Provider on Azure Stack Hub contains four secrets. Azure Stack Hub Operator needs to rotate these secrets. Encryption Keys Connection Strings Certificates System Credentials The most important secret is Certificates. If you forget rotating these certificates, App Service RP and App Service on a tenant side don’t run normally. But the admin portal doesn’t alert the expiration of these certificates. Unfortunately, The admin portal can alert the only expiration of the deployment certificate.
Tips for AKS Engine on Azure Stack Hub We can use AKS Engine on Azure Stack Hub in production bacause this became GA at Ignite 2019. I created kubernetec cluster on Azure Stack Hub and learned some Tips. I’m happy if this entry will help Azure Stack Hub Operator. 1. Keep enough quotas You need to have an enough quota to deploy k8s engine because the deployment of AKS engine create many VMs and managed disks.
ReadinessChecker を利用して Azure Stack Hub の CSR を作る方法が変わったのでメモ。 これまで ReadinessChecker を利用して PaaS 用の CSR を作る際には -IncludePaaS というスイッチを利用する必要がありました。 $subjectHash =