azure

はじめに Confidential Computing では、アプリケーションが動いている環境が Confidential Computing な環境であることをする検証できる仕組みが必要です。そのための仕組みが Attestation です。Atte
はじめに やってみたことがなかったので、次の構成を試してみました。 VNet 間のルーティングと通信制御のために Azure Firewall を内部ファイアウオールとして利用する
はじめに Azure OpenAI Service は Private Endpoint をサポートしています。ですので、Azure OpenAI Service の特定のドメイン宛ての通信をインターネット経由ではなく閉域網経由にできます
はじめに Azure には自分なりのダッシュボードを作るための「Azure Monitor Workbook」という機能があります。この機能を使うと、標準の Azure ポータルに
はじめに Azure Site Recovery は Private Endpoint を利用して閉域網でデータを複製する構成をサポートしています。 プライベート エンドポイントを使用してオンプレミス マシンをレプ
はじめに Microsoft Defender for Storage のマルウェアスキャンの機能がパブリックプレビューになりました。 Malware Scanning in Defender for Storage Overview of Microsoft Defender for Storage これまでも Microsoft Defender for Storage はハッシュ評価ベース
はじめに Azure Portal を利用すると、サーバを Azure Arc-enabled servers に登録する際に使うスクリプトを生成してくれます。このスクリプトの自動生成機能は次の3つの環境をサポー
背景 Azure サービスの中には、処理の結果を Resource Graph のみに記録するものがあります。例えば Update Management Center はパッチの状態や適用処理の結果を記録します。Change Analysis
はじめに Azure VM Backup には、アラートを設定する方法が4つあります。 クラシックアラート Azure Monitor のログアラート Azure Monitor アラート Azure Monitor のメトリクスアラート(プレビュ
はじめに Azure 上の Windows サーバはインプレースアップグレードをサポートしていません。ですが、ドキュメントが更新されまして、2016と2019、2022