network

はじめに PaloAlto が 9.0 で Azure での Active/Passive 方式の冗長化をサポートしました。実装は仮想マシンのIPアドレスを付け替える方式です。 参考:Set up Active/Passive HA on Azure Active/Passive 方式で冗
はじめに 過去に社内で複数回「パブリッククラウドと仮想アプライアンス型ファイアウォール」の話をしてきたので、自分の頭の整理もかねて改めてまとめ
イマイチ使いどころが見つけられないAWS上のUTM製品について、オンデマンド版(ライセンスこみで使えるAMI)の費用を比較しました。 なお、A
オンプレミスに設置されているサーバをAWSに移行する場合、サーバの通信経路上の存在するファイアウォールのポリシーもAWSへ移行する必要があり
はじめに ShellShockに関して、私の業務と関わりのあるネットワーク機器ベンダのSecurity Advisoryが揃ってきたので、現時点
UTM製品は、SSLによって暗号化されている通信の中身を見てUTM処理を行うものがあります。イマイチ振る舞いが分からなかったので、いろいろと
onePKでトラフィック量を取得できたのでメモ。 onePKには、インターフェースの統計情報が格納されているonep.interfaces.I
週明けからの対応に向けて、自分に影響のありそうなベンダのアナウンスを調べたのでメモ。(6/7 21:30現在です) CVE-2010-5298が
キャッシュポイズニングに関するJPRSのアナウンスを踏まえて、ネットワーク機器のNAT機能の実装を調べました。 ファイアーウォールやルーターな
上司と同僚に送信元アドレス検証の必要性を説明するための下調べです。 送信元アドレス検証とは 非トランジットASな弊社においては、インターネット接