Archives

はじめに Virtual WAN にはトランジット接続の機能があり、次の通信を実現できます Virtual WAN に接続する VNET 間の通信 Virtual WAN に接続する VNET と ExpressRoute 回線間の通信 Virtual WAN に接続する VNET
はじめに 本エントリは 仮想ネットワーク上での NAT を推奨するものではありません。私の中では、仮想ネットワーク上の NAT は「やらないに越したことはない」
少し長めのはじめに Azure Arc-enabled servers で利用する Azure Connected Machine Agent には、「通信をプロキシを経由にする設定(proxy.url)」と「プライベートエンドポイントをサポ
はじめに これまでのエントリでは、Virtual WAN の基本的な動作とルーティングの優先順位、ルーティングをいじるためのルートテーブルを取り扱いま
はじめに 前回のエントリでは、Virtual WAN の基本的な動作とルーティングの優先順位を試しました。 Virtual WAN のルーティングと向き合う(基本的な動作と
はじめに 今まで漠然と理解していた Virtual WAN のルーティングを、検証環境を組んで実際に試してみました。今回は基本的な動作とルーティングの優先順位を試し
長めのはじめに P2S 接続の Microsoft Entra ID 認証 VPN Gateway の P2S 接続は Microsoft Entra ID によるユーザ認証をサポートしています。証明書の管理が不要になる、条件付きアクセスと組み合
はじめに Azure には、Application gateway や Azure Firewall など「停止・起動してコストを削減できるものの Azure Portal からは停止・起動できないサービス」があります。
はじめに Azure Arc-enabled servers には Azure 側からリモートでサーバを操作するための便利な機能が実装されています。これらの機能を利用して、様々な環境で動作しているサー
はじめに 以前、次のブログを書きました。 Resource Graph のデータを Log Analytics に投入する このブログでは、Resource Graph に記録される変更分析のデータをもとに Azure Monitor