Azure Stack Hub 1910 Update の変更点(ネットワーク編)
azurestack
Published: 2019-11-26

はじめに

Azure Stack Hub 1910 Update が配信されました。1910 Update ではデプロイ時に指定するネットワークが変わりました。本エントリではその変更点をまとめます。なお、ネットワーク編としたものの、他の編を書くかどうかは未定です。。。

サマリ

  • Private Network のサイズが/24から/20になりました
  • BMC Network と通信したいサブネットを Deployment Worksheet で指示できるようになりました

Private Network

1910 Update より先のアップデートで Azure Stack Hub のインフラサービスがコンテナ化されるため、コンテナ内部で利用するアドレスが新規で必要になります。このコンテナ内部で利用するサブネットが Private Network に追加されました。

  • Storage network(/25):Private Network にもとからあった
  • Internal virtual IP network(/25):Private Network にもとからあった
  • Container network(/23):1910 Update で追加

参考:Network integration planning for Azure Stack

その結果、Private Network が/20になりました。なかなかのサイズ感です。しかも、次の通り重複不可です。

While the network is private to Azure Stack, it must not overlap with a network in your datacenter.

引用:Azure Stack updates: release notes

Permitted networks

Azure Stack Hub は BMC ネットワークとの通信をスイッチの ACL で制御しています。利用者はこの ACL をカスタマイズできます。これまでは OEM 独自の方法で ACL の設定をやりとりしていました。このやり取りが Deployment Worksheet に統一されました。そして、ACL に追加するネットワークのことを Permitted networks と呼ぶようになりました。

参考:Permitted networks

おわりに

1910 Update におけるネットワークの変更点をさらっとまとめました。インフラサービスがコンテナ化されると何がどう変わるのか、とても楽しみです。