Cisco892Jを15.2(3)Tにアップデートした
cisco IHANet network
Published: 2012-04-06

 IOS15.2のリリースノートを見ていたら、「BGP Route Server」や「LISP Virtualization」、「mGRE Tunnel Support over IPv6」などなど面白そうな機能が追加されていたので、15.1(4)XB7から最新の15.2(3)Tにアップデートしました。自宅ルータだからこそEarly Deployment (ED) を積極的に採用します。

 CiscoのサイトからIOSをダウンロードして、TFTPでPCからフラッシュにコピーします。そういえば、エンタイトルメントの強化によって、アカウントに紐づくサポート対象の機器に関するIOSしかダウンロードできなくなっていました。試しに1812JのIOSをダウンロードしようとしたら怒られました。

 boot systemコマンドで新しいIOSを設定してリロードします。

 IOSのバージョンが上がったことを確認します。ルートサーバのコマンドも追加されています。

 Ciscoルータで接続できるL2VPNを作って、そこにIHAnetのルートサーバを建てたいですね。